2017年10月21日

DIYプチリフォーム/子供部屋を仕切る壁を作りました⑤石膏ボード 編

前回、柱など木工事も終わったので、次は石膏ボードを貼り付けて下地を作っていきます。

この部屋は天井から床まで2360mmあります。
通常石膏ボードは1820mmなので、つなぐ事が必要となりますね。
1820mm+540mmを用意しました。

ただし、石膏ボードを貼るときには注意が必要です。
このつなぎ部分ですが、下記写真の様に横板、つまり『ジョイント』を入れる事が重要です。
これを入れないと、石膏ボードのつなぎ部分がしっかりと留めることができないので、かならず入れてくださいね。
私は余った間柱を切って入れました。

IMG_0426.JPG

横板のジョイントは、幅は広めのほうがいいですよ。石膏ボードを留め易かったです。
比較的テキトーなサイズで構いません。


では、石膏ボードを固定していきます。

ビスは『ボードビス』を使用してください。
ビスの頭がギザギザになっているのがいいそうです。(ジョイフル本田の店員さん 談)
クロスを貼るときに、ビスをパテで隠さなくてもくっつくそうです。


あとはインパクトドライバーでバシバシ留めていってください。
尚、石膏ボードはカッターで簡単に加工できます。
サイズの微調整は簡単ですよ!

IMG_0428.JPG


IMG_0433.JPG

IMG_0432.JPG


子供たちに、思い出を詰め込むならどうぞ・・・と言ったら、落書きを始めました。
IMG_0439.JPG

IMG_0437.JPG

私は信用されていない様で、「壁が壊れません様に・・・」なる書き込みされました(´;ω;`)

でも、この落書きにある「嵐のライブに行けますように・・・」の願いは叶えられました!
娘よ。よかったな(^^♪


ただ、上手くいったかな?と思いきや、娘の部屋側はピッタシ設計通りに行きましたが、息子側の
壁がちょっとずれてました。
片一方うまくいくと、もう一方は凹んでいました・・・(´;ω;`)
最大のずれは、こんな感じ・・・↓

2D05EFF6-6C51-4F2D-995B-27AF2CDCDA36.jpeg 



EE55798C-2E74-4F6D-8D2D-C0D391E585A9.jpeg
次回はこの様な部分をパテで埋めて、下地をつくっていきます。

[補足]
壁ができた後、石膏ボードだと画鋲などが効かないので、当初、補強用の合板を貼ろうとしました。
単純にベニヤなどを貼ると、後でクロス(壁紙)がシミが浮いたりするそうです。

補強で壁の下地に使うなら、ベニヤ材に紙が貼ってあるのを使って下さい!
ただし、高いです!
石膏ボード@440
構造用合板@1080
紙付き構造用合板→うろ覚えですが@1200くらいと思います。 ・・・と、こんな感じです


posted by おうぇいさん at 03:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 気まぐれ連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ラベルリスト